読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未解決の文字

もひとつブログです

ひとつずつこわれていく世界

名探偵コナン劇場版『時計じかけの摩天楼』のEDの曲が、私のウォークマンに入ってる。

さっき、テキトーに再生してたら、これが流れてきてなんとなくまた聞いた。

 

好きだった先生の誕生日をまだ覚えてる。

私にとってどーだっていいデータになったのに。

 

この曲をはじめて聞いた時は、コナンを見た時で。

その時はこの曲は、あのストーリーに合わせた歌詞なのかなー、って感じただけで。

 

でもそれから、この曲は自分の感情が重なるものになった。

先生とにどと会えないことになってから、先生の誕生日でもない日にたまたまこれを聞いた。

 

それらしい言葉をならべても

伝わることなどはじめからない

 

”Happy Birthday - 作詞 スガシカオ”

 

いろんな言葉を使って先生と繋がろーとしたけど、でもそれはなんの意味もなかったことで。

 

ひとつずつ こわれていく世界で 

流した涙になんの意味がある

 

”Happy Birthday - 作詞 スガシカオ”

 

その時、この曲聞いて、ぽろぽろ泣いた。

 

それから、これを聞いてもヘーキになった時期があったけど、今日また聞くと涙がぽろぽろしてくる。

 

繋がろーとして一生懸命放つ自分の言葉は、自分の未来になにを繋ぎとめておけるんだろーね。

 

いつかまた自分がおなじ日を迎えるのわかってて。

それなのに、今、引き返せなくて。

おんなじバカを繰り返す。

 

ぜったいにおなじ世界にいれない人と、なんで事故のよーに出会っちゃうのかな。

その一瞬の接点さえなければ、ずっと平和に生きれるのにね。

 

先生と出会って得たものもあるけど。

でも、出会わなければ、今の私はこの曲を聞いて泣くこともなくて。

 

なんでこんな感情だけが自分の中に残るのかな。

失恋の仕方が私はヘタ。

もっとうまく失恋したい。