読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未解決の文字

もひとつブログです

警察を頼ること(1)

三鷹で起きたストーカー殺人事件のニュースいろいろ知って、いちばんびっくりしたのは、警察がストーカーやってる人の携帯に留守電残したってこと。


ストーカーやっちゃうよーな人が、警察からの連絡とか注意とか、理性的に受け入れてくれるだろーってどーして思えるの?


警察って、どれぐらいストーキングって行為に、専門的な知識で対応するシステム作ってるんだろー。


この記事の前の前に書いた、24時間営業のお店の防犯、ってことでは、警察は結構ホンキ出してくれる。
そーじゃない地域もあるみたいだけど、ちゃんとやってくれる地域もあって、うちのところは「ホンキみせる」地域なんだと思う。

 

一方的に警察のこと悪く書きたいわけじゃないから、警察の頼もしー話も書くね。


その記事にも書いたけど、逆恨みを警戒してお店からの通報ってわからないよーにパトロールしてくれるし。


うちに強盗の下見が張り付いてる、ってわかった時は、警察は毎日張り込みしてた。
あの時に強盗が来たら、一瞬で捕まってたよねー。


警察の張り込み、ってはじめてみたけど、すごかった。
素手じゃないし。
張りこんでる時の姿勢も、少しもだらだらしてないし座ったりしないで、ちゃんとそーいう防犯で決められてるみたいな姿勢で何時間も張り込み続けてた。


毎日張り込みがあります、って「署長」の名前で連絡が来ても、その当日来た警察官は私服で、だからちゃんと身分確認の手続きっていうのも定められてた。
警察手帳の確認と、その人のフルネームの書き取りして、所轄の警察に確認の連絡して、それで本物、ってわからないと張り込みははじまらない。


確認する従業員も、フルネームや自宅の住所と電話番号、それと生年月日まで書面に書かされた。


お店からねぎらいのコーヒーとか提供しても、ぜったいそーいう飲食は受けないし。


あの時、警察官ってすごいカッコいい、って思った。
ほんとにカッコよかった。
市民の味方、っていうより、ヒーロー、っていう感じでカッコよかった。


警察は、わかりやすい刑事罰の案件には、すっごい頼もしいヒーローになってくれる。


でも、少しでも「民事」の臭いがすると、すっごい頼りにならない組織だよねー。
交通事故の時もそーだし。


私が若い女だからって交通事故で、警察は最初から相手が被害者で、私が運転もできないバカ娘、って態度されたことあるし。
私がまだ未成年の時。

 

私の車、赤信号で1ミリも動いてない停車中だったのに。
ちゃんと交差点で停止線の手前でおとなしく停まってたとこに、すっごいスピード違反で角曲がってきたDQNが、曲がりきれなくて私の停車してた車に前からぶつかってきた。


それで、停まってた私の車のボンネット大破。
「えー、かっ飛んでくるー!」
って、一応私もハンドル握って構えたけど、でもシートのヘッドレストにぶつかった頭がはねて前のどこかにぶつかってムチウチになった。


そんな状態で、ちゃんと目撃者もいたのに、駆けつけた警察官は、私が前に出よーとしてたってウソついた相手にすごい丁寧で、私にはヤクザみたいだった。
「私、停まってましたよ!」
って言っても、
「前方不注意だから、自分は悪くないって言い訳通らないからね」
って、3人の警察官に囲まれて怒られた。
赤信号でちゃんと停まってて、前方不注意ってなにー?
って、言ったけど、
「前見てたら防げたんだよ!」
って、怒鳴られた。


それ見てた目撃者の人たちが、
「なに言ってんだ!」
って警察に文句言ってくれて、それで私の無実が証明できた。


目撃者もいない交差点だったら、って思うと、すごい怖かった。


でも、その加害者、無保険で私への賠償も自分の車の修理もお金なくてできない人だった。
そしたら、うちに直接脅しかけてきた。
すごかった。


毎日朝から晩まで、ヤクザみたいな口調で、
「てめーが払え」
って勝手な要求してきた。
お母さんがびっくりして、警察に電話したら、
「事故の賠償は警察は口だせませんから」
っていうだけだった。


交通事故は加害者に被害者側の住所とかぜんぶ知られちゃうから、その男はうちに直接来て、毎日恫喝してった。
でも、録画とかなければ警察はぜんぜん相手してくれなかった。


お母さんは、うちの分はうちの保険でやるから(うちの保険は相手がなにもしてくれなければ自分の保険使えるよーになってる)って折れてあげたけど、相手はズーズーしくて、自分の車も直せって脅してきた。


うちが加入してた保険会社は、相手は異常者だからこっちの保険使って黙らせましょー、って言ってきた。
裁判にしたら勝てるけど、異常者はそんな判決なんて関係なく嫌がらせしてくるから、身の安全のためにこっちで保険使って相手の車も直してやりましょー、って。
でも、それやったら、うちの保険料があがるからねー。


お母さんは、それにぜんぜん納得いってなかったけど、私が毎日つけられるよーになって、それで折れた。
私のこと、レイプしてやるとか、そー脅してきたから。
でも、この件は、ぜんぜん帰ってきてないお父さんに連絡して話したら、私のお父さんがDQNな相手に負けないぐらいDQNになってその男のとこに怒鳴りこみにいって、一瞬で解決しちゃったけど。


あの時、頭のおかしいDQNに勝てるのは、警察でもないし保険屋でもなくて、それ以上に頭のおかしいふり出来るDQNしかいない、って知った。


ヤクザがフツーの人たちに用心棒として雇われるのって、こーいうことなんだと思う。


まだ、あるし。

 

うちに空き巣が入った。
正確には、なにも盗っていなかったけど、出かけて帰ってきたら、玄関が開いたままになってた。


びっくりして弟にも確かめたけど、弟は学校にいてちゃんとアリバイあった。
お父さんが怪しいねー、って言って、最初は気持ち悪かったけど、そのまま騒がなかった。


でも、夜中、トイレに起きたら玄関が開いてて死ぬほどびっくりした。
お父さんにすぐ電話したら、お父さんはだれかの女のとこにいた。


それで地元の警察に電話した。
でも、警察、来なかったし。
なにか盗られたか、わかってから電話ください、って言われた。
しょーがないからお母さんと弟と、なにか盗られたりいじられてるものがないかいろいろ調べた。
でもなにも異常感じなかったから、また警察に電話した。
そしたら、家族のだれかがドアを閉め忘れたんでしょー、って言われた。


そんなこと、ない状態だったから。
私がいちばん最後に帰ってきて、ドア閉めた。
そのあと、なんども玄関がみえるとこまで廊下を動いたりしてて、なにも異常なかったし。


お母さんも弟も寝てて、ドア開ける用なんてぜんぜんないし。


前にもドア開いてたことあるんです、って言ったけど、実害がないなら警察はいちいち行けない、って怒られた。
心配なら自分で防犯対策しろ、って。


しょーがないから、うちはぜんぜんお金持ちじゃないのに玄関に防犯カメラ設置することになった。


そしたら犯人は、1階下のおじさんだった。
おじさんがなんでかうちの鍵もってて、それを自分のキーホルダーにつけてて、酔っぱらって間違って帰宅した、っていうわけわかんない言い訳された。
警察に一応また言ったけど、また「事件性なし」って動いてくれなかった。


なんでうちの鍵もってるのか、それ拾ったとしても酔っぱらって間違ったってわりには静かに開いて静かに去ってるし。
カメラに映ってたのは、ただ鍵あけてドア開けて、それで立ち去ってた。


お母さんは近所の人だから、揉めると怖いっていって、うちの鍵をもっと防犯性の高いものに替えただけ。
今も、下のおじさんと会うと、私は気持ち悪い、って思う。


なにか感覚がヘンな人にヘンなことされると、怖い。
警察とかなにも頼りにならない無力を感じることも怖い。

 

 まだ、あるし。

 

※長くなるから分けます。