読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未解決の文字

もひとつブログです

《即興小説》無人島の一冊

小説

 

お題:つらい怒り

必須要素:漫画

制限時間:30分

※匿名で書いたのでブログに転載。

----------

怒ることなんてできなかった。
怒る相手が、そこにはいなかったからだ。

手にしていたマンガを閉じた。
最後のページまで読み切った。

「なんてこった。エレンが食べられちまった」

進撃の巨人』の1巻は、そこで終わる。
主人公が巨人に食べられ、アルミンが泣き、ミカサがヒュウウウウウゥゥゥゥゥゥ。


ってことは、エレンが主役ではなかったのだろうか。

「オレは騙されていたのかもしれない」

1コマ目に出てくるエレンを、素直に主人公だと信じていた。
信じていたから、こいつに感情移入しながら読み進めていたのだ。

だから、泣いたんじゃんか。
母さんが食べられた時。
オレも、巨人を許さねー、と思った。

そうさ。
誓ったさ。
オレも戦う、と。



オレがエレンになる。



それがどうだ。
最後のページで、こいつは巨人の腹の中だ。
巨人のウンコになっちまう。

オレは今まで、巨人のウンコを応援してきたのだ。
いや、巨人のウンコに感情移入してきたのだ。
オレが、巨人のウンコになっていた。

許さねぇ。
オレの純真、踏みにじって。

最初から主人公には、「主人公」ってテロップを出せ。

しかしこれは1巻目。
1巻というからには、2巻がある。

ってことは、2巻からは本当の主人公が明かされるのだろう。

なんてこった。



--無人島に行く時に持っていきたい一冊はなんですか?



オレはそのアンケートに答えて、無人島にやってきた。

その時、迷いもなく、
進撃の巨人
と書いた。

おもしろい、って聞いたからだ。

だから、無人島にいる間、その面白いマンガを読んで、面白く暮らしてやろうじゃないか、と思った。

ところがだ。

無人島にいざついてみて、リュックを開けたら、だ。

リュックの中には、一冊の本しか入ってなかった。
それが『進撃の巨人1』だ。

おい。
今は12巻まで出てるはずだ。

一冊、ってそういう意味じゃねぇ。
一作品、っていう意味だ。

そのつもりでオレは書いた。
アンケートに、進撃の巨人を読みたい気持ちをこめて『進撃の巨人』と書いた。

しかし、一冊、は、一冊。
本当に一冊っきりしか入ってねぇ。

浜辺から海を見る。
水平線には、ただ上に青空と、下に海面しか見えない。
だれも人の気配がない世界。

だから無人島だ。

いや、オレがいるのだから、今は無人島とは言わない。
オレの島だ。
オレの世界だ。

オレが世界だ。

それなのに、オレは無力だった。

エレンが食われた。
それだけで、オレは自分の生きる道を見失った。

絶望が、ひたひたと満ちる潮のように、オレに押し寄せてきた。
オレは絶望に溺れる。

こんな絶望を味わいたくないから、絶望の世界から逃避してきたんじゃないのか。
無人島でリフレッシュ、というツアー企画に飛びついて。

好きな本だけ読むストレスのない暮らし。

それをやりたくて、オレはアンケートに素直にこたえて、ここに来た。

だが、いったい何が間違っていたのか。

オレがリクエストした一冊は、連載マンガの1巻だけだった。

これから半年、この1巻を繰り返し読むしかない。
最後はいつもエレンが食われて終わる、この巻を。

本当の主人公はだれだ。

オレの感情が、巨人のウンコになっちまった。



嗚呼、主人公が知りたい。
真の主人公が。


2巻が。
2巻が読みたい。



嗚呼、2巻!!







絶望。
ストレス。
絶望。
ストレス。

絶望。


ストレス。






絶望。











ストレス。















絶望。




















オレはそこで疲労死した。




島の奥には、おなじように死んだ何体もの人骨と、いろんな連載マンガの1巻だけが転がっていた。

 

 

http://sokkyo-shosetsu.com/novel.php?id=237182

 

▼luvlifeの即興小説:

http://sokkyo-shosetsu.com/author.php?id=2306769494

 

 

f:id:luvlife:20140306012911p:plain

 

----------

※ブログ転載時に気づいた誤字だけ直しちゃってます。

文章とかはおかしくても、そのままにしてます。