読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未解決の文字

もひとつブログです

《即興小説》くりかえす時計

お題:思い出の時計
必須要素:離婚
制限時間:15分

----------

 

仕事から帰る途中、腕時計がとまっているのに気づいた。
電池が切れたのだろう。
このままでは明日困ると思い、途中で時計屋に寄っていくことを考えた。

駅まで歩いていると、その途中に小さな時計屋があった。
ウィンドウには、いくつかの目覚まし時計や腕時計が並べられているだけ。
店の入り口は古びていて、昔ながらの時計職人がやってるのか、と思うような個人店だった。

真鍮の取っ手のついた木枠にガラスがはめこまれたドアを開ける。
キイ、と蝶番が錆びている音がした。

「あの、この時計、電池が切れて」

中から出てきた中年の男に、腕から外した時計を差し出してみせた。

男は「いらっしゃいませ」とも言わずに、無言で腕時計をとった。

銀色の装飾チェーンがついた女物の腕時計だ。
文字盤は薄いパールピンク色をしていて、小さいルビーが埋め込まれている。

「これの電池を交換なさいますか」

時計屋の男が聞いてきた。

「はい」
「よろしいんですね」
「ええ、お願いします。動かないと困るので」

男はこっちを向いてきた。
その顔は、少しも営業スマイルを浮かべていない。

「この電池を交換しますと、またこの時計は動きだしますよ」
「ええ。だからお願いしているんです」

「いいんですね。またおなじ時を刻みだしますよ、この時計は」

男の言う意味がわからなかった。

「おなじ時、って……?」

「だから、またおなじ時を刻みなおしますよ。この時計に最初に電池をいれた時から、あなたの時間がまた繰り返されるんです」

その腕時計は、婚約した時に婚約者からもらったものだった。
その後、彼とは結婚して、それから4年後に別れた。

離婚の理由は口にしたくない。
彼のことは思い出したくない。

けれど、その時計はとても綺麗だから気にいっていた。
だから使い続けていた。

「この時計は、電池をいれ直すたびに、最初に電池をいれた時に時間が戻るのです」

腕時計をくれた意味が、今やっとわかった。
妻を縛りすぎて嫌われた男は、妻を一生自分に縛りつけるつもりだったのだ。

「あの」

男から腕時計を取り返す。
「交換はけっこうです」

時計屋から出ると、動かない時計をポケットにしまった。

 

 

http://sokkyo-shosetsu.com/novel.php?id=237496

 

 

f:id:luvlife:20140306013605p:plain

 

----------

時間がなくて、予定してたオチが書けなかったー(;_;)

 

ほんとは電池を交換して、婚約した時に時間巻き戻して、それで婚約しない選択を取るつもりだったんだよね。

でも、

「あの」

って書いた時に、もー秒単位のカウントダウンがはじまっちゃったから、慌てて終わらせるために交換しないオチにしちゃった。

これじゃ別にひねりもない終わり方だよねー。