読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未解決の文字

もひとつブログです

《即興小説》曲がり角

お題:憧れの何でも屋
必須要素:大道具さん
制限時間:15分

----------

 

自転車があった。
これに乗って、街を走る。
そして、曲がり角にさしかかって、あっちから来た女の子とぶつかる。
「あなたの出会いを演出しましょう」
そんなチラシに惹かれて、ボクはここに来た。
そして一台の自転車を渡された。

サドルにお尻をつける。
ハンドルを握る。
ペダルを踏む。

走りだす。

走る。
走る。
走る。

道はどこまでも続いた。
風が気持ちいい。

ボクはひたすらペダルを踏み続けた。

走る。
走る。
走る。

どんな女の子がやってくるんだろう。
ボクは想像した。
風があたる頬が、少し熱くなる。

ペダルをまた踏み込んだ。
ひたすら足をぐるぐる回す。

走る。
走る。
走る。

道はまだ続いた。
まっすぐに。
両脇のブロック塀は途切れない。

曲がり角はどこだ。

ボクは加速した。
角の向こうでは、ボクの自転車にひかれたい女の子がスタンバイしてるはずだ。

女の子を待たせるなんて、罪じゃないか。

ボクは自転車で必死に走った。

走った。
走った。
走った。

なにかが見えてきた。

人影だ。

角なんてなかったけど、人は立っていた。

やっほーい。

おーい。
ボクだよー。
ボクを待ってるんだろー。

待たせてごめんよー。

ボクはバターになりそーな勢いで走った。

到着した。
人影に。

「ごめんね」

そのセリフは、女の子を待たせたボクの口から出たものではない。

「大道具係がこなくて、曲がり角が作れなかったんだ」

ボクに自転車を渡してくれた小道具係が言った。

「人の夢をかなえる何でも屋をやろう、って憧れてたのにさ。大道具係のやつ、オレが連れてきた曲がり角の女の役の子と駆け落ちしちまった。自分だけ夢かなえやがって」





おしまいʅ(´◔౪◔)ʃ

 

http://sokkyo-shosetsu.com/novel.php?id=232838

 

 

f:id:luvlife:20140307184139p:plain

  

  自転車の絵がヘタすぎー。

 

----------

これが即興小説の処女作(^_^)