読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未解決の文字

もひとつブログです

《即興小説》愛する妻の

小説

お題:愛すべき何でも屋
必須要素:コーヒー牛乳
制限時間:15分

----------

 

コーヒー牛乳とカフェオレは違う。

オレはコーヒー牛乳が飲みたかった。
コジャレたカフェオレとかいう液体じゃない。
コーヒー牛乳っていう、コーヒー味の牛乳が飲みたかったのだ。

「ひとっぱしり買ってきてくれないか」

それを妻に頼んだ。
妻はなんでもオレの言うことを聞く。
オレに惚れているからだ。

妻はその時もオレの言うことを素直に聞いた。

妻はほんとうにひとっぱしりしかしてこなかった。

家の前にコンビニがある。
そこに駆けこんで、オレが頼んだものを買ってきた。

しかし、それはカフェオレだった。

「あのよー、オレはよー、こおふぃぃぃぎゅうううにゅうううをよー、頼んだんだぜー」

「だからそれじゃない」

「あのよー、これはよー、かふえええおれえええってよー、ぜんぜんちがうもんだぜよー」

「色はおなじでしょ」

「ちがうだろーよー。色もよー。かふええええおれえええええはよー、こおおおふぃぃぃぃぎゅううにゅううううよりよー、ちょっとだけよー、色が薄いだろー」

(※あとから訂正:コーヒーが多いカフェオレのほーが濃いはずだよねー。紙パックの色とかはコーヒー牛乳のほーが濃い茶色だったりするけど)

「でも成分はおなじよ」

「成分がおなじってんならよー、おまえはよー、牛とコーヒー豆とよー、それ齧ってろってことかよー」

「じゃあ、飲まないの?」

「いや、飲みます」

「早く飲みなさいよ」

「はい」

オレは飲んだ。
カフェオレってコジャレたものを。

しかしやはり、これはコーヒー牛乳じゃない。
ぜんぜん違う。

「やっぱりね、これ、違うね、味が」

「そう?」

「違います。あの、もういちど、買い直してきていただけないでしょうか」

「めんどくさいからイヤ」

妻はオレに惚れているはずだ。
だからオレの言うことをなんでもきくはずだ。

「オレはさー、牛乳がメインのコーヒー牛乳が飲みたいんだよー。コーヒーに牛乳ぶっこんだカフェオレじゃなくて」

「あらそう」

妻は自分のおっぱいを出してきた。
そしてぎゅっとしぼって、コップに注いだ。

「どうぞ」

オレは飲んだ。

これもコーヒー牛乳じゃないが、飲んだ。
うまかった。

 

http://sokkyo-shosetsu.com/novel.php?id=241379

 

 

f:id:luvlife:20140323012620p:plain

 

----------

必須要素見て、すぐに、

「コーヒー牛乳とカフェオレは違う。」

ってだけ書いて、それから、コーヒー牛乳とカフェオレってどー違うんだっけー?ってグーグルで調べて、それで続きを書いてったんだけど、すぐに、コーヒー牛乳とカフェオレとどー違うんだっけー?って忘れてまた調べて、っていう、自分の記憶力との戦いだった。。。。。

 

コーヒー牛乳のほーが牛乳の割合が多いのに、なんでか私の中では、コーヒー牛乳は「コーヒー味」で、カフェオレは「ミルク味」ってイメージなんだよねー。

正確には「コーヒー味の牛乳」と「ミルク味のコーヒー」ってことなのかもしれないけど。

 

----------

同じテーマで面白かったものー。

 

必須要素コーヒー牛乳の。

 

「私の頭の中の記録」 - 即興小説トレーニング

サスペンスだよねー。

 

ほかにもまだないかなー、っていろいろ読んでるうちに、おなじテーマから外れて読んでってた。

それで見つけたおもしろかったやつは、「阿部寛」が必須要素の。

 

「阿部寛ってなんだよ」 - 即興小説トレーニング

 ほんと、必須要素が阿部寛ってなんだよ、だよねー(^_^)

でもお題の「正しい風」とからめて、すっごいうまくまとめてるよねー。