読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未解決の文字

もひとつブログです

それはセクマイと関係ない話

ゲイの男性とデートしたけど自分は偽善者だと思った - はてな村定点観測所

 ///はてな村定点観測所

 

 

この記事を読んで、「?」ってなったこと。

これ、セクマイと関係ないよねー、って私は思った。

 

そんな私にミクシィでメッセージを送って来てくれたのはゲイの男性だった。「私はゲイなのですが、さいとうさんにすごく憧れています。正直、さいとうさんがタイプです。一度会ったり出来ませんか?」というメッセージとマイミク申請を受け取った。

 

私は悩んだ。私は女性が好きで、女性の「女性らしさ」に憧れがあるし、女性に対して性的嗜好がある。しかし、その自分の価値観は社会的に規定されたもので、ここでこの男性からのメッセージを拒否することはジェンダーや性的マイノリティに対して平等であろうとする自分の主義主張に反するのではないかと思った。まずマイミク申請を許可して私は決断した。「会ってみよう」

 

私もミクシィやってて、そこでよく知らない男の人からいろいろメッセージもらった。

ミクシィはリアルの友だちと使ってたから、私の年齢や性別もプロフィールにはそのまま書いてたし。

 

もし。

 

「私は男ですが、ミカサさんにすごく憧れています。正直、ミカサさんがタイプです。一度会ったり出来ませんか?」

 

というメッセージとマイミク申請が来たら。

 

私は、

「返信しない」

「申請を受け付けない」

っていう反応をすると思う。

 

そこに、

 

メッセージを拒否することはジェンダーや性的マイノリティに対して平等であろうとする自分の主義主張に反するのではないかと思った。

 

なんていう言い訳いらないよね。

 

ぜんぜん知らない人から、自然に仲良くなる接近の仕方ではなくて、いきなり「タイプです」って言われると、その好意を受け入れることのリスクを考えちゃうから。

 

自分のことタイプです、って言ってくれる男の人と、マイミクで繋がって、それからリアルで会ったりすれば、その人からもっと親密な関係を期待されるかもしれない。

私はその人とそんなふーになりたくなければ、その人と接点もたないほーが、お互いに平和だよね。

 

ヘテロ同士なら、男だって女だって、そんな感覚で「タイプです」といきなり接近してきた異性に、いろいろ考えると思う。

繋がるか繋がらないか、リアルで会うか会わないか、家に連れてくるか否か。

 

それは「差別」でもなんでもなくて、コミュニケーションの問題だと思う。

 

余計なこじれ方したくなければ、最初から距離を保つ。(接点を作らない)

自分も興味持てば、接点を作ってみる。

接点を作ってみてから、やっぱり合わなければ、それで離れる。

 

その人を「気持ち悪い」と思うか思わないか。

相手から「気持ち悪い」って思われるか思わないか。

 

それは、自分とその人と「個人の相性」。

セクシャリティ差別とか、関係ない軸のもの。

 

「女です」とプロフに書けば、いろいろ男からネットでそーいう親密なメッセージをもらうことは珍しくないよ。

 

「男です」っていう人も、いろいろ女から「ステキだなー。仲良くなりたいなー。いちど会いたいなー。タイプだなー」って一方的に思われることもあるわけだよね。

 

それを受け入れるか受け入れないか、ヘテロ同士ならいちいち、自分は差別者かという意識で考えたりしないよね。

 

相手からの好意に対して、それを拒絶するのは差別だろーか、と思っちゃうところに既に、「差別」みたいな意識が働いちゃってる。

 

ヘテロの男がヘテロの女の好意をすべて受け入れなくてもいーよーに、ヘテロの男がゲイの男の好意を拒んだっていーんだよね。

それは「差別」じゃないから。

「関係」の問題だから。

 

異性愛なら、異性に好意を示すことは当たり前で、同性愛なら、同性に好意を示すことは当たり前で。

 

でも、その好意が受け入れられるかどーか、というのは、ヘテロかゲイか、という問題じゃなくて、「自分も相手を好きになれるかどーか」っていうことだから。

 

好きになれないタイプの人の好意を「ごめんなさい」と拒むのは、ヘテロとかゲイとかセクシャリティ関係なくて、「自分とその人」の関係の話。

 

ゲイから好かれたから、ゲイ差別がない自分は拒んではいけないだろう、と思う必要もないのに、そこで思ってしまうのが、「ゲイ」に対して自分が「ヘテロ」と違う差別意識を作用させてしまうから。

 

差別なんてなければ、自分が相手の好意に応えれないのであれば、応えなければいーのだから。

 

「会ってみよう」

という気持ちが、相手への興味でなくて、自分の差別意識のなさの確認をしたいだけだったら、とても相手に失礼なことしてるよね。

 

って私は思った。

 

どんな属性であっても、相手は「人間」なんだから。

自分とおなじ「人間」なのだから、「違う属性に偏見をもたない」というのは、自分の中にある感情と同様のものがどんな属性の他人にもあることを「おかしいと思わない」ことだと思う。

 

ヘテロの自分が異性を好きになるのなら、ゲイやレズビアンの人が同性を好きになるのは「おなじこと」。

 

自分がおなじ感情を返せない相手の好意をお断わりするのは、少しもおかしくないこと。

それは異性愛者も同性愛者もおなじ。

 

ヘテロがゲイやレズビアンの性愛の相手になれないのは、少しもおかしくないこと。

ゲイやレズビアンが異性からの求愛を拒むのも、少しもおかしくないこと。

 

差別とか偽善とか、ぜんぜんそんな意識の必要のない話。