読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未解決の文字

もひとつブログです

《即興小説》トンネルの向こう

小説

お題:子供の失踪
必須要素:川端康成
制限時間:30分

----------

 

トンネルを抜けると、雪が降っていた。
さらさらと白い粉が灰色の空から零れ落ちていく。
薄いカーディガンをはおっただけのカラダに、いきなり寒さを感じる。

トンネルを抜けただけで、季節が違った。
冬は冬なのだが、さっきまでいたところは、地面に柔らかい日差しが落ちていた。
それなのに、たった20メートルほどのコンクリートの穴を抜けただけで雪景色だ。

トンネルのあっちの入り口からは空は見渡せた。
トンネルの上にある線路の向こう側の空まで。

線路の向こう側が曇っていたことに気づきもしなかった。

寒くて腕を組む。
でも、ひき返さずに、雪が静かに降る道を歩きだした。

子供の名前を呼んだ。
音のない景色に、自分の声は響いた。

足は少しずつ早まる。
両側には田圃が広がる舗装された道は、あっちに見える里山をぐるりとまわりこむところまで見通せた。

田圃の遠くに民家がある。
農家らしい建物だ。
道からそっちを見ると、粉雪で白く煙る景色で、さっと動いたものがあった。
農家の建物にだれかが隠れた。

また子供の名前を呼んだ。
動いた人影は大人よりも小さかった。

その農家まで行ける道は見当たらなかった。
家は田圃に囲まれて、どの道とも繋がっていない。

田圃には冬だというのに水がはってあった。
その中に入って歩いていくには、ためらいが湧く。

「だれか」
また声をあげた。

「どなたかいませんか。そのおうちに」
声を張り上げる。

「あの。そちらに行きたいんですけど。どうやって行けば……」
だれの声も返ってこなかった。

けれど、また建物からさっと人影が出てきた。
子供だった。
間違いなく、子供の大きさだ。
小学生3、4年生ぐらいの。
そう。
男の子。

自分の子供の名前を呼んだ。
あれは自分の子だった。
ずっと探しまわっていた我が子だ。

「帰りましょう。おうちに」
白く煙る向こうに見える子供の姿に叫んだ。

「ここは寒いわ。おうちに……あったかいおうちに帰りますよ」
子供の人影は動かなかった。

「ねえ。こっちに来て。ねえ、どうやってそっちに行けるの? 道はどこにあるの?」
冷たい風が吹いて、さらさらと空から零れてきていた粉雪が乱れる。
景色は更に白濁した。

「帰るわよ。寒いわ。ねえ、あっちは寒くないから。早く。早く、こっちに来て」
叫び続けた。
風と雪が強まり、どんどん田圃の向こうの農家が見えなくなっていく。
子供の姿が、消しゴムで消したように消えていく。

「早く。早くママのところに帰ってきて」

真っ白になった景色の中から、ありったけの声で叫んだ。

「うちの子に、なにか御用ですか」
すると、雪の向こうから、年をとった女の声が聞こえた。

「うちの子? いえ、私の子です」
「ここにいるのはうちの子ですよ。人違いなさってるんじゃないですかね」

「違うわ。うちの子です。私の子です」

お互いの声だけが、まっ白く混濁した景色に響きあう。

「ママ!」

その時、子供の声がした。

「ママ、よ。ママはここよ。ママはここにいるわ。こっちに来て。帰るのよ」

「道がないよ、ママ」
「ママが、ママが今そっちに行くから」

そのまま田圃に駆け込む。
冷たい水が両足を凍らせる。
それでも必死でぬかる泥の上を駆けた。

足がもつれて、なかなか進まない。
そのままカラダが倒れる。
雪が降る凍った水に倒れこむ。

あまりに寒すぎて、意識が飛んだ。

目が覚めると、陽だまりのアスファルトの上に転がっていた。

目の前に線路が横切っている。
その土手の下にトンネルが出来ている。

トンネルの向こうに、さっと子供の人影が見えた。
カラダを起こすと、そのままトンネルの中に駆けていった。
カンカンと足音が響き、トンネルを抜ける。

トンネルを抜けると、そこはまた雪が降っていた。

子供の名前を呼んだ。
そして白く煙る景色に見える灰色の道をひたすら歩いた。


それを何度、繰り返してるのだろう。
我が子がある日突然いなくなってから。

 

http://sokkyo-shosetsu.com/novel.php?id=239960

 

 

 

f:id:luvlife:20140316205237p:plain

 

----------

誤字直してますー。

 

必須要素が「川端康成」だったから、とっさに「雪」と「トンネル」が出たけど、同じ必須要素の小説も「トンネル」使ってたりするよねー(^_^)

 

このトンネルの向こう側は、黄泉みたいな世界、って設定でした。

そこから子供を現世に連れ戻そーとする母親。

(つまり子供は失踪じゃなくて、急死)

 

 

これから自分の即興小説をブログに転載する時、おなじお題や必須要素の人の小説から、おもしろかったものの紹介もしていこーかなー、って思ってます。

 

その作者さんに言及通知が飛ばせないのが残念だけどー。

 

必須要素「川端康成」でおもしろかったのはこれ。

 

「飽景」 - 即興小説トレーニング

読んだ途端、吹き出しちゃったし。

それも、制限時間が1時間だからねー。

 

「諭国」 - 即興小説トレーニング

 おもしろかったから、この

海風士社の即興小説一覧 - 即興小説トレーニング

さんの、ほかの読んでみた。

 

そしたら、

「初デートだけど彼女がイフリートだった。」 - 即興小説トレーニング

 これもすごいおもしろかった(^_^)