読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未解決の文字

もひとつブログです

《即興小説》からっぽの故郷

小説

お題:子供の故郷

必須要素:脂肪吸引

制限時間:15分

※匿名で書いたのでブログに転載。

----------

「予定日はいつですか?」

にこやかに人から話しかけられる。
これで何度目だろう。

電車に乗れば、席を譲られる。
最近はみんな冷たいっていうけど、そんなのウソ。

私が妊婦だとわかると、人から笑顔を向けられ、席も譲られ、時には荷物も持ってくれる。

「あら、年子なのね。タイヘンだけど頑張ってね」

まだよちよち歩きもできない息子をベビーカーに乗せて買い物に行くと、どこかのおばあさんが声をかけてきた。

最近、引っ越してきたこの街は、だれもかれもが親切だった。

「あなた、見ない顔ね。よそから越していらしたの?」
バスを待っている時、話しかけてきたその中年の主婦は、私の息子にもにこっと笑った。

乗り込んだバスの中で、停留所のアナウンスが響く。

「次は~、北町3丁目~。脂肪吸引クリニック入り口~」

そんなクリニックがあるのね、と、私は譲られた席で窓の外に目をやった。
無意識に電話番号を覚える。

まだ言葉もわからない息子に、
「ボクはどこから来たんでちゅか」
と、聞いてくる。

さっきの主婦の声がまたした。

私は膨らんだおなかをさすった。

息子を産んでから、戻らない体型。
ぜんぜんへこまないおなか。

息子の故郷は、ここですよ。
息子の故郷は、今もそのまま変わらないまるいおなか。

私はさっき覚えた電話番号を忘れないうちに、バッグから取り出した携帯に登録した。

 

 

 

 

http://sokkyo-shosetsu.com/novel.php?id=237005

 

▼luvlifeの即興小説:

http://sokkyo-shosetsu.com/author.php?id=2306769494

 

 

f:id:luvlife:20140306012321p:plain

この絵。シートの一部、塗り忘れてるよねー)^_^(