読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未解決の文字

もひとつブログです

《即興小説》映画をみる人

お題:激しい食事 必須要素:映画 制限時間:30分 ---------- 彼女は来なかった。どうやらデートをドタキャンされたらしい。僕はポケットから2枚のチケットを取り出した。空を見上げてため息をつくと、そんな僕を見ている女の子に気づいた。「よ…

《ポメラ早打ち小説》ぶらぶら果実

ポメラをどれだけ早打ちできるかなー、って思って。 それで改行もしないでダーッて思いついた即興小説書いてみたら、改行しないからなんでか気分がズイショさんになって、こんな小説書けた。 ---------- いつだったか忘れた話なんだけど、そこにあ…

《即興小説》愛する妻の

お題:愛すべき何でも屋 必須要素:コーヒー牛乳 制限時間:15分 ---------- コーヒー牛乳とカフェオレは違う。オレはコーヒー牛乳が飲みたかった。コジャレたカフェオレとかいう液体じゃない。コーヒー牛乳っていう、コーヒー味の牛乳が飲みたか…

《即興小説》魅惑の村

お題:官能的な小説家 必須要素:BMW 制限時間:30分 ---------- 新車のBMWで慣らしドライブを楽しんでいた。原稿の締切から逃げるように、高速を走らせる。そして知らない地名の出口に吸い込まれるように、高速を降りた。両側に花畑が広がる田舎…

《即興小説》ワレワレハウチュウジンデアル。

お題:あきれた伝承 必須要素:宇宙人 制限時間:30分 ---------- 地球人のあきれた伝承のおかげで、自分がちっとも宇宙人だと気づいてもらえない。一体だれが、宇宙人は足がたくさんあるタコぼーずだと言い出したんだ。あれはただのタコだ。地球…

《即興小説》トンネルの向こう

お題:子供の失踪 必須要素:川端康成 制限時間:30分 ---------- トンネルを抜けると、雪が降っていた。さらさらと白い粉が灰色の空から零れ落ちていく。薄いカーディガンをはおっただけのカラダに、いきなり寒さを感じる。トンネルを抜けただけ…

《即興小説》ガラパゴスの作家

お題:純粋な小説修行 必須要素:ガラパゴス諸島 制限時間:30分 ---------- 完璧な小説などといったものは存在しない。完璧な作家が存在しないようにね。こんな書き出しの小説を執筆をはじめてから、僕は聞こえるはずのない風の音ばかり聞いてい…

《即興小説》ある日、大量のエビが

お題:汚い悪魔 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:30分 ---------- 突然、エビが大量に獲れた。なぜだかわからない。だが、海に投げ入れた網には、エビばかり大量にかかった。海に糸を垂らせば、エビが食いついて釣れた。指先を海面につけただけ…

《即興小説》曲がり角

お題:憧れの何でも屋 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 ---------- 自転車があった。これに乗って、街を走る。そして、曲がり角にさしかかって、あっちから来た女の子とぶつかる。「あなたの出会いを演出しましょう」そんなチラシに惹かれて…

《即興小説》壊れかけのオチで終わったお話

お題:壊れかけのオチ 必須要素:岩塩 制限時間:30分 ---------- 黒luvはパソコンに向かって座っていた。自分がなにをやればいいのか、わからない。ここに座った時は、なにかをやろうとしてた。それは間違いない。それなのに、なにをやるつもりだ…

《即興小説》くりかえす時計

お題:思い出の時計 必須要素:離婚 制限時間:15分 ---------- 仕事から帰る途中、腕時計がとまっているのに気づいた。電池が切れたのだろう。このままでは明日困ると思い、途中で時計屋に寄っていくことを考えた。駅まで歩いていると、その途中…

《即興小説》無人島の一冊

お題:つらい怒り 必須要素:漫画 制限時間:30分 ※匿名で書いたのでブログに転載。 ---------- 怒ることなんてできなかった。怒る相手が、そこにはいなかったからだ。手にしていたマンガを閉じた。最後のページまで読み切った。「なんてこった。…

《即興小説》からっぽの故郷

お題:子供の故郷 必須要素:脂肪吸引 制限時間:15分 ※匿名で書いたのでブログに転載。 ---------- 「予定日はいつですか?」にこやかに人から話しかけられる。これで何度目だろう。電車に乗れば、席を譲られる。最近はみんな冷たいっていうけど…

《即興小説》地震の食卓

お題:求めていたのは水 必須要素:インドカレー 制限時間:1時間 ※匿名で書いたのでブログに転載。 ---------- カレーを作り終えたところで地震が来た。ガタン、と最初に大きな縦揺れ。ぐらりとカラダがよろけて、一瞬、眩暈かと思った。けれどそ…

《未完小説》 村人の愛

ツイッターで遊んで書いてたやつー。 寝れないから即興小説でも書こーかなー、って思ったけど、頭は寝てた。 私はこれから、あまり世間に類例がないだろうと思われるはてなとの間柄に就いて、出来るだけ正直に、ざっくばらんに、有りのままのアクセスの事実…